RINGDOLL物語 使者の帰還 白兎の使者 Fake Rabbit
Ringdoll Japan
Ringdoll Japan
By Ringdoll | 21 April 2019 | 0 Comments

使者の帰還

 使者の帰還

ワンダーランド王国は依然としたの穏やか、みんなの作り上げたほほえみは美しく见える、そうだ、王座に居座るあの雲の上の男のように、骨髄を凝らせるような漠然さを白い铠から漂うながら、顔の表情だけは親切と慈悲そのもの。臣民の拝む声が相次ぐ、「この国にホワイトキングさまのご加護がありますように、神の福沢に永遠に恵まれますように」と。

 ふと目を開け、氷のように冷たい王座上のホワイトキングは少しの恍惚をした、またワンダーランド王国の頂上に上り詰めたその日のことを夢みたのか…以前の、そちらの愚民どものようにレッドキングを仰ぎ見ていた彼が、今やついにこのワンダーランド王国の頂点そのものとなった…。
 ただ…ホワイトキングはギュッとセプターを握りしめる、アリス、この永遠にして計画外の要素が…。
 突然な声が静寂を破り、護衛はそう伝えた、「白兎が帰ってきました。今上を拝むとの申し出でございます。」
 「まさか帰ってきたのか?」、ホワイトキングは不思議そうに呟く。99番目のアリスの失踪から炎上した怒りを少年に八つ当たりしたことを認めよう、だから、わざと白兔をワンダーランド王国の最も危険な暗黒の地に差し出したのだ。
 そこは、さまざまな恐怖の魔物が溢れている。さらに、ワンダーランド王国にすべての怨気と嫉妬と邪悪の魂が集まる地でもある。この地に関する伝説はいろいろあるが、一度中に入ると、生きて戻れる確率は無限にゼロに近いであることだけは、みんなに知らされている。そうだ、最初から、白兎を無事に帰らせるつもりはなっかたのだ。
 「通せ。」ホワイトキングの平和な声の下に、ほんの少しの好奇心が隠れていた。

 声が沈んたばかりで、足音が聞こえてきた。白兎が入ってきた瞬間、ホワイトキングは一瞬もあぜんとしていた。自分の前に立つものはだれなのか、ちょっと分からなかったのだ。
 白兎は、黒と赤色の汚れにまみれ、身に着けている黒いマントはもうぼろぼろ、足には重い枷、文字通りの落ちぶれだ。ただその目だけは、かすかに前のおもかげが残っていて、でも何か違いのがまじりこんでいるようす。
 「われわれの白兎先生よ、なぜこんなにも狼狽しているのか?」、身なりを変え帰ってきたら、道化師でもになるつもりのか、ホワイトキングはそう思った。命に大事ないであることを見て、彼の消えていない怒りがまた吹き返した、さり気ない言葉に皮肉が潜む。
 「尊敬するホワイトキングさまよ、私はもう白兎の使者ではない、王の専属の白ウサギです。」
 「はっ?」、ホワイトキングは眉をひそめた。彼は誰よりもよく知っている、当初、時計のくさりで脅迫しなければ、白兎の使者は彼の命令に従わなかっただろう。また、この前の、アリスを救助する反逆行動もあったことから、白兎の使者は「白ウサギ」という称号をあんまり好きではないはずだが、なのに、先のような話をしたとは。
 「尊敬するホワイトキングさまよ、今回は暗黒の地で九十九番目のアリスを見つけられませんでした。でも、これから九十九番目のアリスを探し出すまでは、あなたの指示に従います。どうか、これで我が罪を補いましょう。」、そう言って彼は真摯な目でホワイトキングをまっすぐに向かった
「……あなたには改めるの意があるようだな。今回だけは、もうよい。ただ、自分から言い出した話しを、忘れないこと。」、寛容そうな言葉に、心の芯までちくと刺す寒さがある。ホワイトキングは、少し戸惑ったが、暗黒の地で十分に痛い目にあっただろうなとおもい、それに、やはり九十九番目のアリスを見つけてほしい、ただの手駒だ、大事ない。
「はい、ホワイトキングさま。わたくしは、明日に出発しアリスを続いて探します。」、白兎の使者、いや、もう白ウサギと呼ぶべき彼は、身をかがめて下げ、宮殿を出て行った。

 ワンダーランド王国で一番美しい花園を通った時、彼は突然にしゃがんで、独り言を始めた。
 「前来た時も見たことがありますが、やはり美しいですね!」
 「なんだ、あたしも見たことあるよ。」
 「それにても、よくも冷静でいられたな、すごい~」
 「…」白ウサギが恥ずかしそうに、口もとをすぼめて笑った。
 「シーッ、こんなに大きな声で、誰かに聞かれたらどうしよう、もう帰りましょうね。」

 白ウサギは立ち上がって、急いで外に出て行った、手に小さいな花を収めたまま。


 暗黒の地

 今日で何日目?傷だらけの白兎の使者は果てのない暗やみにずっと走っていて、完全に方向を見失い、傷はもう麻痺してきた、なにより、耐えられないのは心の疲れ、ここには、少しの光も見えない。
 ホワイトキングを憎む気力さえなくなってきた。あの偽善者でなければ、くさりをはめられることもない、どの空間も自由にワープできる。ましては、自分の意志に反してアリスをだましなくてもいい、あの子たちと友達になれたかもしれないのに。彼も、このいつでも命を落とす厄介のところに入らなくてもいい。そしたら、今は、芝生で太陽を浴びているかもしれない。
 もう疲れた。

 わたしは、もう死ぬのか?彼がそう思っていた間に、突然、目の前に小さな光が現れ、五つの透明な人影が少しずつに、はっきりと現れた。彼は、はっと目を覚ました。「アリス?」
 正確にいえば、それは5人のアリスの、彼に騙されホワイトキングの宮殿に行き、ホワイトキングに殺されたアリスの5人の魂。
 「あなた達は、私の命を取りに来たのか?」、白兎は自嘲してほほえんた、「私は詐欺師で、罪人です。ごめんね、アリスたちよ、ごめんね、ごめんね……私を殺してくれ。」、彼は目を閉じ、涙をこぼれ落ちた。
 「白兔さん、違うんです。」、一人のアリスはそう言いた、「あたしたちは、最初からあなたを責めていません。知っていますよ。ホワイトキングがあなたを脅してあんなことをしたのです。あたしたちは、この暗黒の地に長くいました。他のアリスは、魂が侵食されて、だんだん消えてしまいました。あなたの気配をおってこうして会えました。」
 「そうです。ここにいるのは、もう退屈しています。仲間もだんだん少なくなってきましたし。会ったらほんとうにうれしいです。」もうひとりのアリスは、目を輝かせて言いました。「あ、そうだ、自己紹介を忘れました。あたしは7番のアリスです。」
 「どうしてここにいますか。ここはいいところではないですよ。あたしは90です。」別のアリスから、口調が冷たいが、心配の言葉をよせた。
 「7番?90番?」白兎の使者は、彼女たちの話を聞いて、少し戸惑いますが、これらのよく知っている生き生きとした顔を見ていて、更に恥らうをした。本来なら、彼女たちはみんな幸せに暮らしている女の子、明るい未来を持っていて、なのに、自分がこの子たちの人生を壊してしまい、死んでも魂さえ安らかになれず、暗黒の地に閉じ込められてしまた。
 両手に染めた血は、もう永遠に洗われない、彼は救いが必要です。ホワイトキングの手から逃れ、これ以上に多くのアリスを悲惨な運命に落ちるのを阻止しなくては!彼はある決意をした!

 「ここに来たのは、ホワイトキングのしわざ、彼は、私を殺そうとしています。彼は、いまだにアリスを探しています。私は、もう彼の悪行を手伝いたくないです。もう耐えられません。だから、あなた達に聞きたいのですが、白王に復讐したいですか?ここを離れたいですか?ここに詳しいでしょう。」
 「思っています。でも、私たちは魂だけ、外に出ても太陽の下では消えてしまいます。」あるアリスが弱々しいに答えた。
 少し止まったが、白兎はゆっくりと力強く言いました。「わたしの魂を捧げましょう。永久の時空の輪に縛られても、この体を器として、あなたたちの意識の共存に使いましょう、ホワイトキングの陰謀を阻止するため。もし許してくれないなら、私一人でこの沼に沈め、罪を洗います。」
 もうここまできて、アリスたちは断われない,暗黒の地に永住するつもりもないし、黒幕の悪行を続けさせたくもないので、彼女たち五人は手をつないで、うなずいて同意した。
 「いいです。」白兔さんは嬉しいそうに笑った。「九十九番目のアリスに会ったら、代わりに彼女にすみませんと言ってください。」と言ったあと、両手を胸にあてて、まじないの呪文を唱え、五つのアリスも目を閉じ、全員が光に包まれた。
 光が消えると、地面に横たわっていた白兎が目を覚ました。その体の中には、もう彼ではなく、五人のアリスの霊魂と意識が同時に存在する。

 「白兔さん」は頭を下げ、自分の手を見ると、口元からほほえみがどんどん広がり、前に向かって飛んだり、何回も回ったりしていた。
 「嬉しい、やっとここのツルや花を触れることができました!実感できていいですね!」アリス7番は、感嘆した。
 「でも、私達は本当にこのようすで帰りますか?あの怖いところに行くのですか?この姿で?」13番のアリスが口をもぐもぐさせて、ためらっていた。
 「他に選択肢がありますか?私たちは臆病者ではありません。」、90番アリスの冷たい言葉です。
 「向かうのは、未知の未来、それでも前に進めなければならない、そうしないと、白兎さんもがっかりしますよね。」32番アリスは優しく言いだした。
 「みんなは覚えているのね、私達の人生がどのように光から真っ暗に変わったのかを。これから私達は、すぐにワンダーランド王国に出発します、しかも、白兎の使者としての身分で。だから、絶対にバレてはいけないです。ホワイトキングに向かう時は、やはり私の意識をメインにします、いいですね?そうでもしないと、私達の復讐は成功しないでしょう。」81番のアリスはみんなに言いつけた。
 「そうだ、あたしたちはアリス。」
 
 「白兎の使者」の体は、五人の霊魂と意識に操られて平穏そうに出発した、アリスたちの復讐の道が始まったばかりのです。
 
  

 

Leave a Reply

Your email address will not be published.Required fields are marked. *
Name
E-mail
Content
Verification code